ノーシンTOP > ノーシンの事実 -製品について-

ノーシンの事実

製品について



なぜ眠くならないの?

ノーシン錠、ノーシン 散剤には、鎮静剤などの眠くなる成分を配合していません。
また、カフェインも配合されています。
ですから、仕事中や、車を運転する場合でも心配ありません。


なぜ胃に優しいの?

ノーシン錠、ノーシン 散剤の有効成分は、アセトアミノフェン:Aとエテンザミド:Eにカフェイン:Cをプラス。
この3つを頭痛や発熱に効くように、効果的に配合したのがACE処方。
このノーシンのACE処方には、胃を荒らす成分が含まれていません。
ですから、制酸剤などの胃を保護する成分を使用しなくても、胃にやさしいのです。

なぜ速く効くの?

ノーシン錠は、服用後すばやく錠剤が崩れ、有効成分が溶け出し、吸収されて、頭痛を和らげたり、熱を下げたりするように、設計されています。 ですから、ノーシン錠はつらい頭痛、発熱に速く効きます。

ノーシン 散剤も速く効く

ノーシン 散剤は粒子が細かく、有効成分がそのまますぐに溶け出しますので、すばやく効き、痛みを抑えます。

 

ノーシンとアラクス

 

頭痛薬「ノーシン」は100年ブランド。

痛みを鎮め、不快な症状を和らげる薬として、消費者のみなさまからご支持をいただき、今日に至っています。
アラクスは「ひとりひとりにもっとやさしく」をコーポレートステートメントとし、「お客様が“欲しい”と思う」薬を形にすることを追求し続けています。
消費者のみなさまが欲しいと思う「薬」は、あるときには具体的なものであったり、またあるときには抽象的なイメージだったりするものですが、アラクスは医薬品の製造販売者の立場から、なぜその「薬」を欲しいと思われるのか調査するとともに、その有効性や安全性の検証を行っております。
そもそも薬とは、まず効き目が求められるのは言うまでもありませんが、アラクスでは薬の持つ色々な側面について、しっかりと自覚し、できるだけ身体への影響の少ない製品を作ることを目指しています。
胃にやさしく眠くならずに速く効く「ノーシン」も、アラクスのこだわりである「のむ人のカラダのことを考える」気持ちが反映されています。
「ノーシン」という薬に込められた想いは、アラクスの精神そのものと言っても過言ではありません。これからもアラクスは、薬の「効き目と体へのいたわり」を考えて、人々の健康と快適な生活に貢献して参ります。

 

ノーシンのあれこれ

 

なぜノーシンという名前なんですか?

ノーシンの命名については諸説がありますが、「脳が新しくなったようにスカッと頭痛が治る薬」という意味の「脳新」説が最も有力です。
これ以外にも、脳神経薬である「脳神経の薬」を略した「脳神」説、中国の医薬の神様「神農」をひっくりがえした「農神」説などがあります。

ノーシン錠とノーシン 散剤の違いは何ですか?

ノーシン錠は、小粒でのみやすい錠剤になっており、またノーシン 散剤は、有効成分がすばやく溶けてより速く効くようになっています。
のみやすい錠剤か、より速く効く散剤かをお選びいただけます。

ノーシン 散剤を上手に服用するにはどうしたらいいの?

ノーシン 散剤を上手に服用するためには、薬包紙を開き、対角か半分に折って、少量の水を口に含んでから、口の中に滑り込ませるように服用してください。
口中に散剤がフワッと拡がることなく苦味も余り感じずに上手に服用できますよ。

ノーシン 散剤はなぜ薬包紙で包装されているのですか?

散剤を上手に服用するために、薬包紙という包装形態を採用しています。
また、ノーシン 散剤を長期間安定した状態に保つためにも、薬包紙は最適なのです。

ノーシンだけじゃなく、なぜ錠剤は白いものばかり?

ノーシンブランドのうち、ノーシン錠、ノーシンホワイト錠、ノーシンピュア、小中学生用ノーシンピュアの錠剤と、ノーシン 散剤、ノーシン「細粒」ノーシンホワイト<細粒>が白くつくられています。
これらの多くの製品は発売以来、白さにこだわり、ブランドイメージを保っています。