AWARD

GOOD DESIGN AWARD 2019 BEST100

グッドデザイン賞とは

グッドデザイン賞は、デザインによって私たちの暮らしや社会をよりよくしていくための活動です。
1957年の開始以来、シンボルマークの「Gマーク」とともに広く親しまれてきました。
グッドデザイン賞は、製品、建築、ソフトウェア、システム、サービスなど、私たちを取りまくさまざまなものごとに贈られます。かたちのある無しにかかわらず、人が何らかの理想や目的を果たすために築いたものごとをデザインととらえ、その質を評価・顕彰しています。

<サイズ展開>

特殊技術により開発した新ポリウレタン素材による高い機能性や優しい着け心地等の特長はそのままに、
個々人の顔にフィットし誰もが着用できるようレギュラー、スモール、キッズの異なる3サイズを展開しています。

<カラー展開>

単にカラーを増やすのではなく、ファッション文脈上でカラーを選定し、
BRANDBOOKやWEBサイト上でのLOOKBOOKの公開により、ユーザーに使用イメージとマスクの可能性を提示しています。

<新しいマスク文化>

マスク使用者がマスクを花粉対策として仕方なくではなく楽しく着用するものと捉えるように、
ファッションや気分によって選択する「MASK×FASHION」という新しいマスク文化を提案します。

<新しい試着体験>

2019年2月には東京の表参道に「TRY PITTA!」をコンセプトとした期間限定のPOP UP STOREを出店。
マスクの試着体験コーナーでの試着を経て購入を促す新しい販売方法も取り入れ、来場者は11日間で15,000人に及びました。

審査委員の評価コメント

素材の特性を十分に活かし、つけ心地や機能を追求、さらに繰り返し洗っても使えるという本製品は、2014年にはグッドデザイン賞のベスト100に選出されている。そこにカラーバリエーションを加え、選ぶ楽しみを広げて、マスク着用への心理的バリアを更に軽減した。花粉症や風邪対策など、マスクはもはや日本の日常風景になり、「仕方なくする」ものではなく「好きなものを選ぶ」ものへとシフトしている。使う人の心も体も軽やかにするこのような製品が、市場をますます活気づかせることを期待したい。