ノーシンピュア

用法・用量など
携帯に便利なピルケース入り
生理痛の起こるメカニズム
生理にまつわるトラブル(生理不順、無月経)
つらい生理痛には要注意(月経困難症)
PMS(月経前症候群)の原因とセルフケア
ノーシンピュア ブランド
ノーシンピュア(小中学生用)

Girls Day 生理について

生理痛の起こるメカニズム

そもそも・・・生理とは?

妊娠に備えて成熟した「子宮内膜」と
呼ばれる子宮の内側の膜がはがれ、
体外へ排出されることをいいます。
生理は、脳と卵巣から分泌される
ホルモンによって
コントロールされています。

生理痛ってなに?

生理の悩みの一つに、生理痛があります。
ストレスや不規則な生活など、
ホルモンバランスがくずれると、
生理痛がひどくなることも。
生理痛を放置すると
痛みを感じやすくなったり、
痛みが強く長くなったりする可能性もあるので
対策が必要です。

生理の時には子宮を収縮させる物質
「プロスタグランジン」が
子宮内膜で多く作られるようになります。
この物質が、はがれ落ちた子宮内膜(経血)を体外に
押し出すために子宮の筋肉を収縮させます。
子宮の収縮、経血が子宮の外に出るときに
狭い出口を通る痛みが
生理痛の正体です。

生理痛の元となる「プロスタグランジン」

プロスタグランジンは、子宮の収縮を起こしたり、
痛みや炎症を起こす物質といわれています。
この物質は前立腺から分泌されていると
考えられていましたが、
その後の研究によって体内のさまざまな器官で
発見されています。
生理の時は子宮の収縮が過剰になるので、
下腹部や腰の痛みの元となり、
生理時の頭痛の原因とも考えられています。

Girls Day 生理について